<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2006年 07月 31日
富良野
このブログを開いた時に、「写真も掲載します」って言ってたのですが、気がつけば釣りの記事しか載せてない事に気づきました。ってことで、先々週に行った、富良野のファーム富田の写真をアップしますね。当日は5時台に札幌を出発し、目的地には8時前に着きました。
c0076907_2122789.jpg

やっぱし朝は人も適度で、おまけに花も綺麗な気がしますね。それにしても見事です。これだけの畑を造り維持するのは並大抵の事ではないですよね。カメラマンの腕の無さを隠すのには、うってつけの素晴らしい被写体でした。
[PR]

by susuzou0523 | 2006-07-31 21:23 | カメラ
2006年 07月 30日
厳しいな〜
今週は土曜日のみの釣行可能ということで、早速早朝から尻別へ行きました。いつもの支流のちょっと上流部分へ入渓です。先週来なかっただけですが、結構草も伸びてますね。水量も少し減り、雰囲気が変わってきてますね。 
今週は平日も天気が良く、結構人が入っている感じです。テトラの間を丁寧に攻めて行きますが反応が鈍い。やっとの思いで一匹ゲットです。
c0076907_932862.jpg

ヤマメが流れの中心で気持ちよくライズするといった姿は見られなくなりましたね〜。尻別も既に夏の厳しい渓流へ変化してますね。日が射してくると反応が悪くなるし、何回か決定的な出方をした魚もフッキングせず、しかも、くわえてはないのですが、2度目は反応してくれません。その後、本流に移動しましたが、なぜか濁りがあり水量も多く、苦戦しました。私の腕では、厳しいですね。もっと早起きして早朝のワンチャンスにかけるしかなさそうです。
c0076907_9361287.jpg

[PR]

by susuzou0523 | 2006-07-30 09:37
2006年 07月 20日
川の変化
今週末は釣りに行けるかどうか微妙です。岩井氏のビデオを見ながら過ごす事になるかもしれません。岩井氏に関しては賛否両論ありますが、LLを好む私としては、大変勉強になります。始めは、ヒットシーンの連続に驚き、暫くするとキャストの正確性と絶妙さに驚き、最近では、メンディングの絶妙さに驚きです。自分の釣りが少しずつではありますがステップアップする度に、注目するポイントが変わっていきますね。まあ、メンディングに関しては、かなり暫く勉強を続ける必要がありそうです・・・・。
それにしても、このビデオ自体はそんなに古い物ではないのですが、支流のK川の雰囲気は大きく変わってしまいましたね。流れに面影があるものの、河原の雰囲気は、現在では伐採がすすみ、見るも無惨な状況ですよ。あの木々の伐採に何の意味が存在するか疑問ですし、ビデオに出てくる豊な川の様子を見ると、悲しくなります。これだけ、大々的な伐採をする以上、説明責任もさることながら、後から眺めても明らかなくらいの明確な目的が必要ですよね。今なお、沢山のヤマメ達が竿を曲げてくれる川ですから、非常にポテンシャルの高い、良い川ですね。いつまでも沢山のヤマメの住む清流であって欲しいものです。c0076907_22435719.jpg
[PR]

by susuzou0523 | 2006-07-20 22:45 | fishing report
2006年 07月 16日
今日は前半戦のピークかな?
今日は待ちに待った尻別への釣行日。早く行っても水温が低いかと思い、いつもの支流に5時30分着。しかし、反応がイマイチです。どんどん釣り上がって行くと、直ぐに、えさ釣り師とFFMに追いつきました。さらに後ろからも人が来ている。なんとかイワナを釣るも、先行者は川の中を派手に歩いている様子。やりきれない気持ちになり、イワナに癒されようと、上流部に移動しました。すると、どうした事か、反応が良いではないですか。ここぞというポイントから、魚の反応があり、本日初のヤマメが飛び出します。
c0076907_16443342.jpg

9時前後から、気温も上がり一気に魚の活性が高まってきました。カディスも少し流れている様子。テトラの際でライズを見つけ、流すもフッキングしません。小さいかな〜と思いながらも丁寧に流すと、今度は別の魚がガバッとフライをくわえ一気に下流に走るではないですか。これはでか〜い。竿が根元から曲がり至福のやり取りの末上がって来たのが27cm雄のヤマメでした。良い顔してますね〜。あと一ヶ月過ぎたら尺にとどくかな〜。この3cmが随分と遠い道のりですね〜。
c0076907_18282955.jpg

その後3匹のヤマメを追加して11時には納竿し、札幌へ向けて帰りました。10時以降は、日が出て来てテレストリアルにも反応して、本格的な夏の釣りの到来を感じました。前回までは、流心にもイワナが居たのですが、今回、イワナは日陰の岩の影へ移動し、ヤマメは障害物が絡む流れで果敢に虫を追うといった、教科書通りの理想的な状況になっていましたね。こから減水してシビアな状況になる事を考えると、まあ前半戦のクライマックスといった状況を感じます。シビアな夏もそれはそれでヤマメ釣りの楽しみですから、良いのですが、今日はとにかく気持ちのいい釣りでした。
c0076907_18411665.jpg
c0076907_1842457.jpg

[PR]

by susuzou0523 | 2006-07-16 18:48 | fishing report
2006年 07月 13日
Are you ready?
だいぶん玉がたまって来ましたよ(笑)。諸君の週末の活躍を期待!。
c0076907_21411571.jpg

[PR]

by susuzou0523 | 2006-07-13 21:43
2006年 07月 12日
なんか蒸し暑い
台風のせいか蒸し暑いですね〜。意外と雨は降らないし、もしかしたら週末はなかなか良いかもしれませんね。ヤマメがシビアになって来ているので、どんどんボサ際狙える様にフライを増やしとかなきゃいけませんね〜。夜な夜な捲いてま〜す。
c0076907_22533559.jpg

[PR]

by susuzou0523 | 2006-07-12 22:54 | fishing report
2006年 07月 08日
どこに行っても人が・・・
今日は、妻と一緒に尻別です。妻が車の中でのんびり本を読んでいる間にススゾーは釣りです。朝8時半、上流部の支流に到着、途中で何台かの車を発見しました。今日も釣り人が多そうです。最初に入った場所では、ライズは無いものの元気なイワナがフライに反応してくれます。ここで、チビイワナと、まずまずのイワナ、まだまだあどけなさの残るヤマメを釣りました。もっと大きなヤマメが釣りたくなり、少し下流へ移動しましたが、入渓しやすい川だけに、激戦区ですね〜。6月の終わりには簡単に釣れてくれたヤマメも、かな〜り難しいところでライズしていて、とれず!!。技術的にもう一皮剥けないと、これからの季節の大きなヤマメは厳しそうです。くやし〜。
帰りに、別の水系の上流部で竿を振ってみたら、ニジマスが元気に飛び出してくれました。
しかし、「速い流れをメンディングでかわしながら対岸の倒木の中に潜むヤマメを釣る」なんて事が出来るようになると、尺ヤマメが釣れるんでしょうね。なかなか課題の残る釣りでした。
c0076907_22135786.jpg
c0076907_22142749.jpg

[PR]

by susuzou0523 | 2006-07-08 22:15 | fishing report
2006年 07月 07日
はじめまして
はじめまして、こんにちわ。
九州生まれで、北海道に住んで今年で5年目になるススゾーです。今年は雪解けが遅く、渓流の調子も今ひとつでしたが、やっと雪解けによる増水も治まりつつあります。先日、尻別でCDCダンを使って釣ったヤマメです。北海道のヤマメ釣りは、8月下旬で終わってしまうのでガンガン釣りに行かなきゃですね。しかし、早くも開けた支流域では、シビアな状況になってきているんですよね。今週は木金と雨ですが、これが思わぬ恵みの雨となるといいですね〜。
これから、道央河川のフライフィッシングを中心とした釣行記と、最近はまっているEOS KISS DNを使った北海道の季節の写真を紹介していきますのでよろしくお願いします。
c0076907_2146368.jpg

[PR]

by susuzou0523 | 2006-07-07 21:41 | fishing report